XOOPS 【ズープス】

CMS XOOPS【ズープス】
XOOPS(ズープス、eXtensible Object Oriented Portal System)はPHP言語を用いたコミュニティサイト構築CMSです。ユーザー参加型コンテンツを考えている方には最適かもしれません。日本での知名度が高く、コミュニティも多く存在します。


XOOPS の特徴

2001年PHP-Nukeを元に日本人により開発、公開され、2005年4月からXOOPS日本サポートチームは、XOOPS Cubeとして本家XOOPSをサポートせず、日本独自のバージョンを提供することを発表しました。
現在の最新バージョンはXOOPS Cube Lagacy2.1.0

プログラミングの知識がなくとも比較的簡単にインターネットコミュニティを立ち上げることが可能といわれます。
インストール、初期構築は比較的簡単ですが、動作や画面表示細部に関わる改造には、HTML、CSS、PHP、MySQLなどの知識が不可欠となります。
フリーで配布されている「テーマ」と呼ばれるファイルセットを切り替えることによってデザインの変更が可能で、HTML、CSSの知識があれば自作テーマも可能です。
XOOPS本体はあくまでコアな部分でしかなく、「モジュール」と呼ばれるプラグイン型プログラムを組み込むことでサイトを構築していきます。モジュールは数多くの種類がモジュール作者たちのサイトからダウンロード可能で、PHPやデータベースに関する知識があれば自作モジュールも可能です。

「本家」と呼ばれるxoops.orgから配布されているXOOPSと、XOOPS Cube版では、XOOPS2.0.10以降は基本的に互換性は考慮されていませんが、モジュールによっては言語ファイルを用意することによって、本家版用のモジュールを利用できる可能性があります。ただし、全てのモジュールに有効ではないようです。

企業向けXOOPS構築サービスも展開されており、企業のサイトなどへの利用も注目されています。